• ami

台風のあとの香り

最終更新: 2019年10月14日

皆さま、こんばんは。


台風19号ハギビスが猛威をふるい、大規模な被害が広がっています。このブログを読んで下さるみなさまは、被害など遭われていないでしょうか?

家族や友人はもちろんですが、生徒さんたち、いつも支えて下さるみなさまは大丈夫かなと、心配していました。

河川の氾濫などで、今も窮地の中におられる方々の事を思います。一日も早い復旧、そして日常生活が取り戻せることを心からお祈りするばかりです。


そんな私は、週末に宇都宮へ行っておりました。コンサートのお手伝いで、宇都宮の松が峰教会へ。

オルガンの保田紀子さん、チェンバロの桑形亜樹子さんによるリサイタルでした。台風接近の緊張感のなか、現代作品の多い意欲的なプログラムは、なんとも刺激的。

金曜日の夜から宇都宮入りへと予定を変更し、土曜日はリハーサルを午前中で切り上げて宇都宮のホテルで籠城。本日、台風一過の晴天のもとコンサートを無事迎えました!


宇都宮も駅の冠水や洪水被害で大変だったのにも関わらず、多くのお客様がいらっしゃっていました。


初めて訪れたカトリック松が峰教会は、大谷石造りの美しいカテドラルで、良い状態で管理されているドイツ製のオルガンがあります。あの台風の翌日にこんなにも沢山の方が演奏会に集まるとは、なんと皆さんに愛されている楽器でしょう!

青空に映える大聖堂は、(後ろのTOBUが無ければ…)まるでポルトガル⁉︎の雰囲気!

リゲティのヴォルミナをはじめ、沢山の新曲に触れて、身体に力がみなぎってくるのを感じました。無事復旧した電車に乗り、帰ってきたところです。多摩川の氾濫にはヒヤヒヤしましたが、そのほか、私の周りはなんとか大丈夫そうです!

台風が去った街には、ほのかに金木犀が香っていましたね☺️


ところで先日、オペラシティーで成田達輝くんのヴァイオリンリサイタルB→Cを聴きました。



本当に素晴らしかった。バッハから現代まで、でも最後は、バッハより前に遡ったり。とにかく真摯に、誠実に、優しく、それぞれの作品に向き合っていて、それらがものすごく音楽的に、技巧的に、最も研ぎ澄まされた状態で奏でられる。今までの人生で聴いた演奏会の中でも屈指の、衝撃を受けたコンサートでした。

柔らかな人柄もとても素敵です😊


音楽は心も身体も含め、人生を豊かにしてくれます。美しいだけでなく、葛藤し、躍動し、あたたかく包み込む。悲しみや喜び、光も影も、すべてを心に届けてくれる。音楽は生きていて、その瞬間と対話し、寄り添い、育ち、生き続けます。

それを皆さんと共有できたら嬉しいし、そんな音を私も奏でていけたらと思います。


というわけで、素晴らしいコンサートの連続😍松茸づくしに、美術館、映画と、藝術の秋 堪能中(^^)




お次はこちら!私も頑張ろう!

皆さま、11/9は是非、ICUチャペルへお越し下さい♪

あっっ、タイムリーなニュースが🥳🥳

ラグビー🏉日本代表決勝トーナメント進出おめでとう!




  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2016 by Baion projet created with Wix.com